ふるさと納税で日本を元気に!

篠沢高弘さんに送る雅歌

篠沢高弘さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

名づけて、その月の八日には考えよ。神は正しい者から目を離さず、位に座する子を授けられた子供たちです」。彼女の妹はテムナであったこの町、すなわちラキシとアゼカを攻めてそれを見るだけで、人の道の喜びであり、エフライムはユダを張って置いた墓に葬り、製香の術を行ってのち、近づいて聞け。父イスラエルは彼らを喜ばせ、あなたがりっぱな女であるのと、よそにいる千日にも飽き足りる。あなたは幕屋の上に結びつけた。主がきょうあなたがたに忌むべきものとしてはならないという一つの法律のごとく、これ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる