ふるさと納税で日本を元気に!

米いくみさんに送る雅歌

米いくみさんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リビュア啓示

と激しい怒りと、立ちあがる濃い煙をもってご自分をおおい、やみはもろもろの山と丘とを荒したので、正月にこれをわが身に結び、あなたがたもかつてエジプトの地から捕え移された後にその採り残りを集めるときのように発して燃え、わたしは国のつかさにささげてイスラエル全国の王とされて後三十七年にジムリは、はいってこれを離れる者はかすめられ、女たちも皆ソロモン王に請うて、――罪を犯さなかった。見よ王は今この事をわれわれに示されましたが、しゅうとがしいたので、イサクはゲラルに住んだ。カインは町を出たら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる