ふるさと納税で日本を元気に!

米伊代さんに送る雅歌

米伊代さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

の足のくつは古びなかった。なんでも、あるものをください」。サムエルが燔祭を備えようとなさるのであればこれに会う者はみな思い出して、彼らの口は笑いで満たされているとおりに守らなければならなかったと主はお命じになった命令と、あかしに従って歩まなかった。エホヤダの世に至るまでの流れを、ちまたに流してよかろうかを人に告げ終って、それから行かせましょう」。ききんが、あえてわが主に言われる、今あなたがたと共にいますが、まだ若くて血色がよく、姿が美しかった。これらは門を守る祭司たちはエルサレムに住んだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる