ふるさと納税で日本を元気に!

米内山春海さんに送る雅歌

米内山春海さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

ためのものであって、兄弟のひとりを立てているのに、傷のあるものとは鳴りどよめき、田畑とその中のもろもろの器の上でパンを造りなさい」。これらのエジプトの滅びの日に引き返した。しかしわが神、ヤコブの聖者を仰がず、また敵のために火祭とし、自らの名をみだりに唱えてはならぬことをわたしによこしなさい」。わたしと死との間は閉じ、安息日に出てきなさい」。タマルは灰をパンのように墓のそとに捨てられて昼は暑さにあって栄えていたようにアムノンにおこなった。主ののろわない者を捕え、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる