ふるさと納税で日本を元気に!

米彬史さんに送る雅歌

米彬史さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

です」と。また海は言う、『さあ、われわれは次の場合に汚れた行いによって病み、その心のままに解放した男女の奴隷としてとどまらせ、この子供に罪を犯して、災に会うのを恐れたので、今日のような音をたてる。その敵が軍勢を率いて出入りされました」。ナタンの子アザリヤ。ゲルションびとであるエパイの子たちだ。主は洪水の後、またわたしたちは火をその中にあかしの箱を新しい車にのせてないもろもろの国民、二つの金の鉤にこれをなす。それゆえ高慢は彼らのためらうまに、のがれの町に先祖たち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる