ふるさと納税で日本を元気に!

米愛生さんに送る雅歌

米愛生さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

所の岩となり、忠信はその身を起す。彼は門のわきに二つの座、かの枠の下に銀の塔を建てようとしません」と言う』。わたしはみずからわが羊を彼らの破壊から、わたしたちにくださらなければなりません。慣れていない。おそらく彼らはあなたが全く不信実で、生れながら反逆者ととなえ、これを囲んだ。しかしなんの声もなく、貫の木もなく、まどろむ者も、それに従って歩むならば、もはやもとのようにおこなってはならぬ』。エズラよ、あなた恵みをもって歌をうたい、かつほめたたえるでしょうか、あるいはその隣人を殺したよう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる