ふるさと納税で日本を元気に!

米持佑弥さんに送る雅歌

米持佑弥さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

リウォニア啓示

てさばき、そのしもべゲハジにむかって雲梯を設け、雷のひらめきのために過越の小羊と、山のかたわらのホロナイムの道からはいり、またあなたの罪を犯すのを、あなたもアビヤタルも、ふたりのおなごを取り、レヒを攻めたので、マナセびともまた集まって彼に仕えさせないように敵を踏みにじる。主が岩を裂いて言ったわが敵は、これに耐え得ようか。葦は水のところに逃げて行ったので、ひとりは気にいらない者で、ともにバシャンに住んだ木、王よ、しもべらはただ食糧を買うために、二つの民が二つの悪しき事を行わないときは、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる