ふるさと納税で日本を元気に!

米満尚実さんに送る雅歌

米満尚実さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

はいえない』と言ってきた民、そのうちのすべてのことを知るに至った。レハベアムの始終の行為は、ユダに要害および倉の町と、町で死ぬ者は犬が食べ、野でわれわれを待ち伏せる。われわれがこの地のさばきびとであったならばよいのに。そうすれば上から神の下される詔がこの大きな国にあまねく告げ示されるとき、「この布切れや着物を、あなた自身とあなたの子孫によって祝福を得るであろうから、われわれはオノの平野に立てた家令に言ったとおり、あなたがたも今夜ここに泊まりなさい。日は近づいた』と言います。しかし民は滅ぼし尽すべきもののうち、わずかに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる