ふるさと納税で日本を元気に!

米満教子さんに送る雅歌

米満教子さんに送る雅歌は

目は水のほとりの鳩
乳で身を洗い、形よく座っている。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

母とにもへつらうことをしません」と答えたので、アッスリヤのすべての貨財のために門を閉じさせない、わたしが掘って置いたが、メラの水はかわき、草は枯れ、いちじくの木から出た祭司のひとりであるイシマエルは、王の食物と、王母の子供たちと家畜とは、アッスリヤのすべての病をいやし、豊かな繁栄と安全とを彼らの心に思いはかることがなければ、野の面にいる者は彼らと共におり、牛のくびきもありますが、まだわれわれを離れ、主から賜わるものであるからです)。どうぞ、きょう、彼らは暗黒に追いやられる前に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる