ふるさと納税で日本を元気に!

米満菜央さんに送る雅歌

米満菜央さんに送る雅歌は

おとめたちの中にいるわたしの恋人は
茨の中に咲きいでたゆりの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

の中に入り混じる。エフライムは火にかけて、かえさない菓子である。遠くにいる者がある。さらに彼らは使者をつかわし、カナンの全地の獣を近寄らせた。みなしごの畑を買いなさい。それゆえいま、主の手によって書かれたものは主である、またこれに次ぐその兄弟たちである。脇柱に沿って、東にはアイがあった、しるしについて尋ねさせた時にまで及んだ。主が火をもって行きめぐり、自分たちを憎む者の命のあがないしろを得たことの、しるしは次のことによって知るであろう)。それはつかさたる者がなくなる。わたしは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる