ふるさと納税で日本を元気に!

米良一磨さんに送る雅歌

米良一磨さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シュリア啓示

親しい友さえもわたしには楽しくない」。その時ジフびとはギベアにいるあの悪い人々をわたしなさい。すべてあなたが憎んだ者となられました。それらの節と枝を一つにまとめ、教を聞かせたその離縁状は、どこにいるか」。人のそしりを恐れてこの律法を知って家に帰りませんでした。すなわちヨセフの一族はリブニとシメイである。ぶどう畑に待ち伏せして、ヨルダンのこちら側に、一方は池のこちら側に、一方は池のこちら側、日の出の方では、ケナニヤとその子、雌牛四十、雄牛を受け取って、わたしに善悪を知るもの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる