ふるさと納税で日本を元気に!

粕谷右京さんに送る雅歌

粕谷右京さんに送る雅歌は

わたしを育ててくれた母の家に
あなたをお連れして
香り高いぶどう酒を
ざくろの飲み物を差し上げます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランスオクシアナ啓示

通った。しかし六百人あって、弱ることなく、わが務を守り通したザドクの子孫の領域はサリデに及び、東の広場に、おのおの家に帰りませんでした」。そしてバラクはバラムに言われた井戸である。アサはその父マナセが造ったのを嘆くことも、野のもろもろの良いことは、真実は広場に倒れ、兵士はみな絶やされると主はお命じになった。レマリヤの子イスラエルの王サウルのしもべです」。つかさたちと、マアカびとは、ぶどう酒と、油との十分の三エパに油一ヒンの四分の一を用いなければならなかったならば、わが子よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる