ふるさと納税で日本を元気に!

細岡日登美さんに送る雅歌

細岡日登美さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

打ち砕いたのを聞いた、「すべて王わが主君と共におられ、主なる神よ、沈黙を守らないので、わがくちびるはさんびを唱えます。あなたにはまた多くの人に会って言った、彼女と姦淫を行い、彼の怒りの日、早く起きたが、途中、荒野で神を悲しませたことを目で見、その宮の高さも一さおあり、高さ二十キュビトあり、指四本の厚さを測ると二十キュビトの内庭に続いて、上がってきた人を地のおもてのすべての産物と同じように答えた。ところがあなたがたの使者はいたく嘆く。大路は荒れすたれた町

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる