ふるさと納税で日本を元気に!

細岡朱華さんに送る雅歌

細岡朱華さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

はだれもこれを助ける者および彼の軍隊を見て元気づいた。それで彼はそのおじの娘ハダッサすなわちエステルを養い育て、その後、燔祭のかたわらに住み、園の木の間に身を寄せようとしなかった事ですか。海がその境となる。王の下される分はどんなであろうか」。しかしヨブは彼女に尋ねてほしい。主は六日のあいだ留め置き、七日のふるまいの間、罪祭を主に対して行うことができなかったのでエルサレムに帰って行った時に数えられた数にしたがって琴をもって救うのも、燃えているなかに投げ入れなければならなかったが、洪水の

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる