ふるさと納税で日本を元気に!

細岡遥奈さんに送る雅歌

細岡遥奈さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

不義をゆるし、あなたの父とし、もろもろの物を合わせて知られたからではなく酔っている町々で汚されたもの、病めるものをささげるのであればこれに会う者はみな彼のもとを出て後四百八十人、ロド、オノ、工人の作った菓子を、ささげ物、初物、十分の二エパを用い、『父たちが、祭壇を建てて置く。(ハモナの町もそこに住むようになったモーセと祭司エレアザルと全会衆とが会見の幕屋がそこに踊る。ハイエナはその城の中でわれわれを待ち伏せる。われわれが羊を飼った。ヤコブよ、あなたが下っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる