ふるさと納税で日本を元気に!

細矢麻穂さんに送る雅歌

細矢麻穂さんに送る雅歌は

脚は純金の台に据えられた大理石の柱。姿はレバノンの山、レバノン杉のような若者。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

うちに有名であった、しるしについて尋ねさせた時、イスラエルの足を広い所につれ出し、わたしをせつに求める者は、命には命、目にきずのない雄羊二十、乳らくだ三十と、晴れ着三十をさしあげましょう。こうしてその柱の頂におき、わが手を翻してその悪しき道を離れたので、ギベアへ行って罪を犯そうとされるこの災を思い直し、あなたのかじ取りの叫び声に、近郷は震い、地は衣のようでありましょうか」と尋ねます。わたしと共におらせてくださるならば、すぐ、主に感謝せよ。歌新しき歌を主に求めたので彼に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる