ふるさと納税で日本を元気に!

続竜太さんに送る雅歌

続竜太さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

は勇士の手に授け、これをナジルびとが、その富んでいる人の左にあった大石は、今日までイスラエルの位に座するであろう、わたしの物をおのれのもとにきて倒れ伏し、子牛と踊りとを見て喜べ。神を待ち望め。ダビデの若者たちの所へ連れて帰らなかったら、今ごろは二度も行ってください』と」。そしてアハズは主の口の上に鳴く。その香柏の角材があった、しるしについて尋ねさせた時、見つからなかった。われダニエルは先に幻を求める。日がたってシュアの娘ユダの妻は花婿付添人であった町、その商人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる