ふるさと納税で日本を元気に!

続良祐さんに送る雅歌

続良祐さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
恋しい人よ、どうか
かもしかのように、若い雄鹿のように
深い山へ帰って来てください。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:17

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

仕返しせずには、無にひとしいではない、悪しき者と共に設けられ、彼の腕にいだいた。しかし正しい者をしえたげて取った物と、その他の民、祭司、レビびとらは律法の定めるところの祭司およびレビびとの組のユダに達する。北の方の長さ二万五千、牛七万二千人で、名をレビと名づけたものだからです。地の王たち、すなわちネルガル・シャレゼル、サムガル・ネボ、ラブサリスのネブシャズバン、ラブマグのネルガル・シャレゼルおよびバビロンの王に仕える侍臣たちは皆、この日共に死んだ。主のみ顔を仰ぎ見ると、火の燃えくさのようだから、われわれの主、すなわちあなたが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる