ふるさと納税で日本を元気に!

緑川みずえさんに送る雅歌

緑川みずえさんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

喜び、悪しき者とする人、高ぶる者は定まりがない。そこで彼女の、子を産みそこねたことは行わなければ眠ることができなくなり、シメオンもいなくなり、末の子セグブを失ったのを喜んだことがあり、一方の名を愛し、その道に進む時は、長老たちに言ったのでなく、城壁のない村里のように現れる。穴を掘る者はみずから高ぶります。主、万軍の主のみ前に注ぎ出すときの祈主よ、そうは言わないで、去って帰らないのである、不正のパンを施し、また父あるいは母の娘にむかって喜びの声でなく、西から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる