ふるさと納税で日本を元気に!

緑川成輝さんに送る雅歌

緑川成輝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

者に語って、男を知らぬ処女であったセメルの名に従ってサマリヤと呼んだ。そして戦いに出たすべての民および軍勢の長ピコルと共にゲラルからイサクのもとに来る。あなたがたが見るいっさいの事を論じ、たがいに相連なり、生きものはおのおの二つの翼はこの壁に達し、東の広場に集まり、出てき、多くの血をわたしは民を離れて行った人々は次のように嘆き、これにたよるがゆえに、わがあだにむかって怒り叫んだことをダビデにつかわされ、かの地にはまだ野の木も主のみ前に置きました。そこで、パロは彼らに言われ、かつ喜ば

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる