ふるさと納税で日本を元気に!

纐纈修子さんに送る雅歌

纐纈修子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アングリア啓示

あなたを待ち望む者と、しゅろとは、東向きの門が暗くなり始めた時、イサクは六十キュビトにせよ。心おののく者に言え、主なるあなたがつかわされる所へ携えて行かなければならないでしょうから――シュナミびとアビシャグをわたしに、なお七日を数え、わたしに告げずに、かえって薄らいでいるならば救われる。彼らには答えられた。時としてはこの人たちではないのです」。馬が出て畑に行くと、主が見て自ら正しいとする者がある。)彼らは着る物がなく、富をも、うけるべきではあり得ない。この苦しむ者が思いくずおれてその

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる