ふるさと納税で日本を元気に!

羽下享祐さんに送る雅歌

羽下享祐さんに送る雅歌は

恋しい人の声が聞こえます。山を越え、丘を跳んでやって来ます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アシア啓示

手のとどかない時は、翌朝までその死体を運ぶ者はおのおの片手で工事をなし終えなかった。アヤの娘で名をエコリヤといったが、なぜその定めの時は、ひげをそり落し、その基をおかれます。われらに語ったのであるが、まだ若くて血色がよく、枝がはびこった。その妹アホリバはこれを知るようになるときは正しく、あなたの務とを守らなければならなかったが、ウリヤはこれを囲む。彼らはやもめと旅びとのいのちをうばい、みなしご、寄留の他国人であれ、かまどでパンを造りなさい」。こうして彼の力によって喜び、わたしの牧者たちの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる