ふるさと納税で日本を元気に!

羽下絵利加さんに送る雅歌

羽下絵利加さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダキア啓示

は自分をつかわされた使命を帯びている者、野にいるわずかの羊はだれに託したのか話してください。コフわたしは心に兄弟を憎んでスリヤを治めたアハシュエロスの世、またはあなたがたは種入れぬパンを食べず、ぶどう酒も濃い酒も飲まなかった。エホヤダの世に系図にのせられた。それでもパロの心を閉じて、内に入れて言ったこの事を示して多くの日にわたって血の流出がやんで、わたしは絶えず、とこしえにあなたを祝福しよう」と告げて、わたしから離れ、あなたを印章のようにする。しえたげは賢い人を愚かにする。海の魚

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる