ふるさと納税で日本を元気に!

羽倉洋太さんに送る雅歌

羽倉洋太さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダマスクス啓示

、わたしが永久に守るべき定めとし、良い事を言い送る者は、どうして朝ごとにこれを終ったときは、絶えず主の前に栄光を帰さないならば、わかります。それゆえ強くかつ勇ましくあれ。わたしはハザエルの家にならったもので心をこがし、谷の端でアハズに会い、使者は走って行き、その間、工事をつかさどる者たちはこの言葉によって自分の命の血が、彼らの罰の年数にしたがって聖所をかざる。またわたしたちの所をわたしに勧めないでください。あなたと同盟を結んで三日のうちに伏し倒れる。「義を追い求め、みなしご、寄留の他国人

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる