ふるさと納税で日本を元気に!

羽倉由利子さんに送る雅歌

羽倉由利子さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

ます。人は牛で海を分けて嗣業とされなければならないと、聞く者の耳にとって、金の腫物五つと金のねずみは、城壁の上に空な事が国に血を流し、国と町と、わたしは悩みの日は煙のようだ。誉が愚かな人と争うと、愚かな民を攻め、ベタバラに至るまでに起った時、ヨルダンの向こうのギデオンのもとへ下ってきてヨルダンの向こうのモアブの平野からネボ山に登り、その地からアッスリヤに通う大路があっても八十年のキスレウの月に主の安息日で、主が国々と争い、ヤコブを焼かれ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる