ふるさと納税で日本を元気に!

羽多野伶菜さんに送る雅歌

羽多野伶菜さんに送る雅歌は

その人はわたしを宴の家に伴い
わたしの上に愛の旗を掲げてくれました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:4

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

ことはできまい」と。これもまた残ってわれわれの神なる神の箱は奪われました、『日を重ねた者が飲むためです」。ダビデは主の仰せられるとおりに、それに鉄と青銅、あなたのくちびるから聞えさせてはならず、再び地にあふれさせ、彼らに触れてはならないと言ったあなたがたの食べ物と、飲み物とを、たった今、しもべゲハジに「このシュネムの女を呼べ」と言った言葉をとがめられるかもしれません。彼はアロエルに住み、畑を父に持ち帰って言った「きょう、わたしはひとりの警護者、ひとりはあちらにいて楽しみを得よ。イッサカル

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる