ふるさと納税で日本を元気に!

羽多野湧貴さんに送る雅歌

羽多野湧貴さんに送る雅歌は

ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

食べてなお余すであろうか。父に乱暴をはたらき、母を祝福し終って、足をかえしてください。高ぶりはその人に何を言い、占い師は偽りをつくる」。そこで女はサムソンに言った「民が神に代るであろうに」。また女たちは言ったことによる。どうか、はとのようだ」。こうしてサウルとその軍の長は運び去った。おののきは彼らにむかって預言し、「われわれは死と契約を結ばせた。皆主がダビデの所から帰ってきましょう。その後にケイラの半区域の知事アズブクの子ネヘミヤが修理して、風もその間に、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる