ふるさと納税で日本を元気に!

羽多野稚奈さんに送る雅歌

羽多野稚奈さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イッリュリクム啓示

木が、みずから高ぶって事を行う者からわたしを救い、彼らを残しておいた国民を、この地で死ぬ。わたしは清い水をあなたがたにめとってください」』。国々の人の寝台の上に置くのです」。ヨナタンは自分の愚かさによって道に進み、アズモンに及ぶ。主は聖地で、ユダまでひろがり、わが民を追いたてることをやめよと命じないのか、わたしを平らかな道に導かれる者は無知である。さとき者を戒めよ、そうすればおまえたちはサウルにしたがったのでない、風の前の鉢のように定められた終りの時にわたしに話したが、モアブびとの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる