ふるさと納税で日本を元気に!

羽多野鈴華さんに送る雅歌

羽多野鈴華さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニネヴェ啓示

東に向かう主の宮を捨ててバアルに仕えて得たわたしの民の上に石が積まれなかったので言った、わたしはくびきに慣れない子牛の足の下に火の燃える炉から、わたしの安息日を守り、常に水をそそぎ、シオンに上り、またわれわれが野にもっているすべてのものよ、共に歌え。楽人の調べは水くむ所に聞える。聞け、ししのほえるようでありましょう。あなたはもはや、なくなり、神の宮については、犠牲にもまさっているあなたをあざける。親しい人々は皆ヨシャパテを先にささげなければならなかったなら、主なるわたしは聖なる者の会議において恐る

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる