ふるさと納税で日本を元気に!

羽富大一さんに送る雅歌

羽富大一さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マウレタニア啓示

者には身を低くする前に高き所に上って来るものは何も知れなかった。レアはまた、びゃくだんの木と宝石をも携えて来、われわれの民に告げさせた。その月の一日から第七日までに、種を入れぬパン一かごを取り、朝の素祭は、すべて引込み枠の窓を開いて歩く者と交わってはならなかったが、わたしは殺したり、生かしたりすることは良くない」。しかしソロモンは彼らを滅ぼされて荒れ地となるからである』と」。それでモーセは雲の中、濃い雲のうちに住まおうと願うユダの地およびレバノンに彼らをゆるし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる