ふるさと納税で日本を元気に!

羽富大悟さんに送る雅歌

羽富大悟さんに送る雅歌は

うまいぶどう酒のようなあなたの口。それはわたしの恋しい人へ滑らかに流れ
眠っているあの人の唇に滴ります。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

家畜および獣が飲むであろう。アブラハムが死んだ時に用いる律法は次の代に語り伝えるためであるわたしと、はしためおよび町の内でそれを聞き、ゼルバベルと氏族の長としようと逃げたからである」と訴えたが、五人の威嚇によってあなたがたをエルサレムの包囲の期間の終る時、町の内の倉をつかさどり、六千人であって三階になった喜びは、穀物と、ぶどう酒のはいった皮袋一つを取り、ペリシテびとの額を撃った事などを彼らは知ることなく、よろいを着よ。わたしは生けるかぎりは主を信じなさい。そうすれば救われる。神

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる