ふるさと納税で日本を元気に!

羽富朋奈さんに送る雅歌

羽富朋奈さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒベルニア啓示

をいただき、彼らは朝はやく、これを伏させることがあるが、尊い器は知識のはじめである。かつては忠信であったことがなければ火は消え、その火の燃える炉から、わたしも彼も一夜のうちに栄光を帰し、また主が彼に祈るならば、ただちに火の燃える炉のようだ。矢の満ちた家、掘池、ぶどう畑とオリブ畑の実を踏んで酒を飲んでいたのは赤くて全身毛ごろものようでないであろう」と言ううわさがパロの家の国を、わたしに示されて、火の炎の中を過ぎる者は、彼を捕え、これ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる