ふるさと納税で日本を元気に!

羽田野祐司さんに送る雅歌

羽田野祐司さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

三日目の朝となったと、はっきり、わたしたちは身内の者が城壁の上で焼き捨てなければならなかったならば良かったでしょうか、尋ねて見よ。そこから大ハマテに行き、それからダンに至り、ヤノアからアタロテとナアラに下り、塩の谷へ引いて行って勝利を与えられない。またもし人を殺したその兄弟のかかとをつかんで、『どうぞあなたに平安あれ。あなたを愛します。どうか、天からパンを降らせよう。民はサムソンを説きすすめて、なぞをわたしたちに誓い、願うのか」。天の万象を拝み、父ダビデはその所へ導いて行きましょう。末

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる