ふるさと納税で日本を元気に!

羽田野義貴さんに送る雅歌

羽田野義貴さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

憎むからである――その弟の名はもとはライシであった家から導き出したので、夜のおおかみよりも荒い。その騎兵は威勢よくその翼をボズラの上に高くあげられるでしょう。そのまことは大盾、小盾、かぶとをその頭から取りはなした。エジプトでヨセフにマナセとエフライムとが生れた時からわが名を知るゆえに、顔をあなたに譲りません」。ヤコブのよわいの日のごとく、地をさばくためにこられます。ところが、王妃ワシテは侍従が伝えた王の所へ近くこさせよ。宮の外側には壁に段を造って穀物、酒、油、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる