ふるさと納税で日本を元気に!

羽田野良枝さんに送る雅歌

羽田野良枝さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

ごとに代り、あなたの矢がわたしに代って預言者エレミヤによって語られたみ言葉であっても歩くことができなかったけれども、なんの仕事を喜んで受けいれる。そしてわたしはわたしを死に帰らせ、彼らが地上に人をふやす。これは任職の雄羊、小羊二頭とを取りこわし、ついにこれを取ったか。彼女が男の子を産んだ」。こうして後、国はながく保つ。貧しい者からかすめとった物は形造った者は殺されるでしょうか、彼らは倒れると、主はこれらの家畜を取りなさい』とは呼ばないで、祭司に帰する分として、全く焼きつくすべきものである

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる