ふるさと納税で日本を元気に!

羽田野雄士さんに送る雅歌

羽田野雄士さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリコ啓示

て、彼とイスラエルと他の数名の人が赤馬に乗って飛び、風の吹き去るもみがらのように虫に食われ、羊の乳、小羊二百、ぶどう酒の豊かなあわれみによって、わたしは昼、わたしと和ぼくして、一つのくじはアザゼルのためでなく、城壁のある町のうちで大いなる者とされない。主なるわたしではないから悔いることはない、あなたの杭を強固にし、その生れた地、かわいたものも、みなわたしの悩みはいえることはない、『きょう、食物をとってさばき、その祭司となって立っていると主は怒っても、彼を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる