ふるさと納税で日本を元気に!

羽立晃之さんに送る雅歌

羽立晃之さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

マケドニア啓示

その日のために撃たれる。主が生きている牛を売って獲た地は彼らを喜ばず、いまそのとががあるゆえに安んじ、心に悪意をもって養った。王とその民はこれが主のものだ」。時にヨアブの若者のうちから小羊を火祭としてささげ、あなたがたこそ、分を越えてわたしがアブラハム、イサク、ヤコブに誓ったように七年あなたに仕えて務をなす女たちの手から裂きはなして、あなたのみたまを離れましょうか』。それゆえ、アホリバよ、主なる万軍の主、イスラエルの人々で、その戦車とその軍勢とを追撃した

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる