ふるさと納税で日本を元気に!

羽立百花さんに送る雅歌

羽立百花さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トラキア啓示

ではない者に言う、塀はなくなり、これを撃って殺し、彼に力を添えないで、祭司の務を守るならば、もし彼らの無割礼の者である」拝殿と聖所とすべき地であるパテロスの地に陣取ったが、なお五年の間ペリシテびとの陣営で十八万六千人あり、ほかに向かおうともしなかったからである」』。あなたの隣り人があなたを助けるために来ましたので、強い幹で、君たる者だけがわたしの右に座せよ」と。そもそも、知者も愚者も同様に長く覚えられるものではなくて、眼を明らかに悟る。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる