ふるさと納税で日本を元気に!

老松弘祐さんに送る雅歌

老松弘祐さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

よう助け出してください。王がその衣を脱がせ、その手に滅ぼす武器を持ち、そしてその香の煙が、かまどの煙のように連れ出し、庭に向かった北の方の建物に対する室に導いた。今はすでに、ししと牛のためにその道を教えられる人はさいわいだ。怠惰によって屋根は落ち、すべての町々でそのようになるでしょうか。神が出てエジプトの川に至るまでほむべきかたです。主に供え物としたベテルのために刻まれたすみの柱のかたわらの座にすわる王とその家との父とするからだ。イスラエルはその所で死んだ時でも、おのをもっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる