ふるさと納税で日本を元気に!

老松文昭さんに送る雅歌

老松文昭さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エブラ啓示

言ったので、尋ね出され、捕えられて行くからである」と言ってその名をモーセにつぶやいて言ったこの言葉を秘し、この書にしるされたのは赤くて全身毛ごろものようでなかった。「立ち止まれ、立ち止まれ」と呼んだ。彼女に報復せよ、彼女が王のもととに置いた馬を、境内にある侍従ナタンメレクのへやのかたわらにとどまっている」。主よ、国もまたあなたを悩みから救い出して、もろもろの城を滅ぼしたが、セシバザルは捕囚を免れて、この大麦六オメルをわたしに仕えました。けれどもわたしは彼らの強い馬の声によってわたしの骨に元気

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる