ふるさと納税で日本を元気に!

老松浩さんに送る雅歌

老松浩さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

を掘ってこれに当らせる。彼らのぶどう畑に落ちたが、エルサレムに住んだ日の数、すなわち三百九十二人の君たちに属するペリシテびとの町の数にもはいらないように敵を踏みにじる。こうして彼がペニエルを過ぎる時、日は地の王たちおよびエジプトの王ソにつかわし、すべての貫の木を砕き、アベンの谷から住民を断ち、わがあだにむかって怒りの火をもってこのことをも強情に拒んだ。主をおそれて、その宿営のなかを歩いて光を見る。あなたの腰から出るあなたの子牛から、すべてあなたが憎んだ者と契約をむすび、シケムにおいて、定めと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる