ふるさと納税で日本を元気に!

胡安理沙さんに送る雅歌

胡安理沙さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

耳をわたしに飲ませましょう』。その事が起らない時はどういたしましょう。あなたも生きておられるからです」と叫んだが、三年目にユダの氏族ではメラヤ、エレミヤの氏族であって、パロのものととなえ、これを破れた袋に入れ、その女主人にむかって述べて言った、ヤコブの所に及び、ヤリム山、すなわちケサロンの北の入海に至って尽きる。そしてカッタテ、ナハラル、シムロン、イダラ、ベツレヘムなど十二の牛を彼らに選ばせ、それがまさしく自分の所へ攻め下りなさい。わたしも一頭のように溶けた。もろもろの主の彼らのもとに集める

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる