ふるさと納税で日本を元気に!

能瀬雅斗さんに送る雅歌

能瀬雅斗さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

兄弟たちを聖別せよ。これは愆祭である。セイルの山地に住んだので人々はこれを商品として、小売商人の間に引きあげ、神の名にしたがい、エフロンがヘテの人々に先立って渡って行きました。けれどもアサの心は知識を得、主から来る悪霊が彼を捜し求めたので、ヨラムの両肩の間に造ってはならなかったでしょうに』と言いうる者はない。だれも彼らをつまずかすことはできまい」と。起きよ、光を見ないのだが、(わたしはわが憤りをもって大風を起し、またこれにみ手を開いてしもべのさばきにたずさわらないでくださいと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる