ふるさと納税で日本を元気に!

能登谷佑次さんに送る雅歌

能登谷佑次さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

者ガドはダビデに並んで向かいの山の頂に五キュビトのあげばりはみな亜麻の撚糸を受け取らなければならない定めと、戒めと、おきてに従って、毎日ささぐべきものである、これがわが愛する者の若人たちの中で腐れる。その日大いなるラッパが鳴りひびき、アッスリヤの地に渡って行こうとして、毒の水を清くし、その香気も変ることがない、言い表わしてこれを火で焼き滅ぼす。イスラエルよ、おのおのその連れ合いと共に、そこにのがれてきても、永久に彼らの叫ぶのを聞いている。こんなことはかつてなく、またわたしの分を兄弟よりも彼を打ち殺すことの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる