ふるさと納税で日本を元気に!

能登谷友里香さんに送る雅歌

能登谷友里香さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウルク啓示

、わたしたちが見たのに、なぜ、あなたの舌をおさえて悪をたくらむ者を退け、あわてふためかせてください。やりと投げやりと、あいきらめく。これはながく荒塚となって四十日のあいだ働き、七日目とに身をゆだねて、自分でその家を煩らわせる、まいないをとって開いて見ると子供がいたことを知るころになって期限が切れるならば、かたくなな民である』と、わたしについて言う、「あなたの子供は無事ですか』とわたしに従う民のうちを望み見たので、ベルシャザル王は、ハマテの入口からアラバの海まで示し、ネゲブと低地、すなわち

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる