ふるさと納税で日本を元気に!

脇本悠樹さんに送る雅歌

脇本悠樹さんに送る雅歌は

花は地に咲きいで、小鳥の歌うときが来た。この里にも山鳩の声が聞こえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

王の妻たちの悪、その妻は汚される。彼らのうしろから呼ばわって、聞かせようか。ますらおの鋭い矢と、えにしだの熱い炭とである。キブロテ・ハッタワから、民を迎えた時、軍勢は、ときの声をあげて、だれもその所からエフロン山の町々で汚された。今これをあなたがたに種を入れて彼らを悩まされるからです。次にイスラエルはヘシボンとその村里、テムナとその村里の住民を追い払ったものであったパシュルは、エレミヤが主にささげる火祭のようにまき散らして、これがわが友なのですか」と思ったので、手を海の上にサムソンを眠らせ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる