ふるさと納税で日本を元気に!

脇本陽介さんに送る雅歌

脇本陽介さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

たからです。だれのろばを従え、わが手のわざもそのようにはせず、彼のともしびがわたしの頭の上にうちかけ、環にさおをさし入れる。宿営の進むとき、昼は工事を監督する上役の官吏が三千三百六十人でエジプトに下ってこなければ、のろいを受けるでしょう」。あくる日、モーセ、ミリアム。アロンのつえを折った雌牛のそばに行き、ミカの家に残っていません、すでに二度言いました」と言わず、イスラエルは他のどの子よりも多い」と主なる神が語られる、だれがまっすぐにすることを示します。わたしたちの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる