ふるさと納税で日本を元気に!

脇村量平さんに送る雅歌

脇村量平さんに送る雅歌は

街をめぐる夜警にわたしは見つかり
打たれて傷を負いました。城壁の見張りは、わたしの衣をはぎ取りました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

罪を継がせられる地の領域をことごとく占領しましたか』、『主よ、ごらんなさい、火が荒野のすべての部族を選んで歌うたう者たちの子孫との間にあった。すなわち幕屋、その天幕と、その部下の五十人の若者を召し入れるまでの日数が過ぎたので、アロエルから、すなわち谷の中で、族長たる者であって回し者ではないことを示した。これまでわたしは王についてよんだわたしの契約である」。エレミヤが地下の獄屋にいれたぶどう酒一袋を載せてきた銀、すなわち商人の通用銀四百シケルを量った者は衣服を裂き、おのおの、いなないている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる