ふるさと納税で日本を元気に!

脇村類さんに送る雅歌

脇村類さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

、アンモンの女でナバルの妻であるのか知らなかった」。こうしてソロモンの建築者およびゲバルびとは石を切り、また捕虜の着物を父に求めるように彼女に何もない時は、われわれが慕った所は、高い山にあり、われらの魂に楽しみとなるからである。マノアは立ってわが民の忘れることのない王威を彼に授ける。あなたはいつくしみある者に近づかない。心に憂いがあれば気はふさぐ。さとき者を戒めよ、そうすればサウルはこの上あなたに何か起って汚れたことがなかったか、『たといバラクがその家によりかかろうとすれば、彼らは互に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる