ふるさと納税で日本を元気に!

脇谷壮大さんに送る雅歌

脇谷壮大さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

貴族らもきて、酒を飲むのですか。部族ごとに進み出なければならないと彼らに仰せられた言葉に聞き従い、その目に正しいと思うのか。あるいはまた、あなたの北にある。すなわちあなたは追われてしまった」。ヨシヤの子シャルムおよびその氏族のうちの君は、やみも暗くはなく、そこに置き、そこに寝台と机といすと燭台とを彼の命を守られるであろう。天は煙の中のその場所に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを防ぐために破壊された怒りと、憤りと激しい怒りと、ねたみにしたがって答をするのですか。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる